2018年4月15日日曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年4月度の授業

第九期がスタートしました。平成30年4月8日(日)に第1回目となる4月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 先月に続き「墨子」の言葉を学びました。今月学んだ二つの言葉のうち「墨子曰く、大国に処りて小国を攻めず(以下略)」で始まる言葉は、「大国であっても小国を攻めない。大氏族(勢力の大きい集団)であっても小氏族(弱い集団)を略奪しない。強い者は弱い者を脅さない。貴族であっても身分の低い人を見下さない。ずる賢い者はバカ正直な者をだまさない。こうしたことが実現できれば、その国を率いる統治者は聖王(すぐれた徳をもち、りっぱな政治をする君主)と呼んでよい。」という意味です。先月学んだ「非攻」と、あらゆる人を敬愛し平等に扱うべきという「兼愛」の大切さを説いています。
 「王公大人、牛羊の財ありて(以下略)」で始まるもう一つの言葉では、王公大人(権力者)が縁故関係、財産、身分、容貌を重んじ、政治の根本が能力ある人材の登用にあることを忘れていると説いています。
 墨子は今から二千数百年前の人ですが、その教えは現代にそのまま通用すると言えます。

【第二時限】窪田哲夫先生(恵那市佐藤一斎「言志四録」普及特命大使・前拓殖大学客員教授)

 授業の冒頭で、人生とは人が活き活きと生きること、人の命には限りがあるが1日の時間は全ての人に平等に与えられていること、今を大切に生きることの大切さを教えて頂きました。
 今回の窪田先生の講義タイトルは、「西郷どん」が愛した佐藤一斎『言志四録』です。西郷隆盛は、かつて島流しにされた時、『言志四録』の1133条を熟読し、その中から101箇条を選んで自分だけの言志録『西郷南洲手抄言志録』を作りました。西郷隆盛の言葉「敬天愛人」は、天を敬い、人を愛するという意味で、自然を大切にする日本人の心を表した言葉、『言志四録』が心の支えとなり生まれた言葉と言えます。授業後半では、『西郷南洲手抄言志録』の中から、いくつかの言葉「志をたてよ、湧泉知るや、志をたてよ」「学は為せ、人に見せるな、臍(へそ)に置け」「静座から、真己をみつめ、自覚せよ」「誠意とは、照り輝く、太陽だ」を学び、『言志四録』について理解を深めました。
 また、以前に学んだ「一燈を提げて暗夜を行く。暗夜を憂うること勿れ。只だ一燈を頼め。」を皆で復唱しました。


 次回、5月度の授業は、5月13日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は和田正宏先生(はじめ塾塾長)をお招きします。和田先生の講義タイトルは、「はじめ塾子どもの育ち-3代85年の歴史を持つ寄宿生活塾の教え-」です。場所は、風間会館に変更となります

2018年3月13日火曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年3月度の授業

平成30年3月11日(日)に3月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は「墨子」について学びました。授業の冒頭で、栗田先生が北朝鮮とアメリカの首脳会談のニュースを紹介されましたが、「戦争」と「平和」の話題は墨子の思想と関連があります。
 墨子は、紀元前5~4世紀頃に実在した人物ですが、生まれた年や死んだ年は分かっていません。名前は翟(てき)と言い、中国古代の思想家としては珍しい技術者で、「墨家」と呼ばれる墨子の思想集団は技術者集団でした。その教えは「非攻」、「兼愛」です。「非攻」とは攻めない、戦争をしないことであり、墨子とその弟子たちは、大国の楚が小国の宋を攻めようとしたとき、宋の危機を救いました。防御戦術に用いる器械類の製造に詳しかった墨家の技術が大いに役立ったそうです。「兼愛」は自他の区別なく、みんなを愛することです。墨子は、人を殺せば不義(正義、道徳に反する行い)だと認める当時の身分の高い人たちが、他国を侵略するという大きな不義を非難しないどころか正義だといって称賛したことを批判しました。
 授業の最後に学んだ「墨守」という言葉は、墨子の守る城が何度攻められても陥落しないことから、自分の思想、信念などを固く守り通すことを意味します。

【第二時限】伏見勝先生(元報知新聞社長)

 伏見先生には、前回2015年10月の授業でテレビや新聞の「報道」、そのあり方について講義をして頂きました。今回は「読書」についてです。昨年、ある大学生の投書が話題となりました。なぜ読書をしないといけないのか?これまで全く読書をしなかったが特に困らなかった、というものです。
 読書について、作家の恩田陸さんは「とにかく本を読んでいないと自分がスカスカになっていく感じがする」、元伊藤忠商事社長の丹羽宇一郎さんは「心が潤うから読む」という言葉で表現されています。本を読むと、自分の世界が広がる、物事を考えるようになる、楽しむことができる、知識が広がる、ということを教えて頂きました。伏見先生は、本を読んでいるうちに自分の腹が座ってくる、何かあっても動じなくなってくる、やっていいことといけないことを自然に覚えるようになる、本は心に栄養を与える、とおっしゃっています。
 『君たちはどう生きるか』(吉野源三郎著)の岩波文庫本、『飛ぶ教室』(エーリッヒケストナー著)、『白バラは散らず』(インゲ・ショル著)、『罪と罰』(ドストエフスキー著)、21世紀少年少女世界文学館セットなど、数多くの本を推薦して頂きました。


 次回から第九期がスタートします。4月度の授業は、4月8日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は窪田哲夫先生(恵那市佐藤一斎「言志四録」普及特命大使・前拓殖大学客員教授)をお招きします。窪田先生の講義タイトルは「西郷どんが愛した言葉・佐藤一斎の言志四録(日本人の心)」です。

2018年3月4日日曜日

小田原寺子屋スクール 第九期生徒募集

 みなさんは、どんな夢や希望を持っていますか。将来、どんな人になりたいですか。あなたの夢や希望をかなえるために、学校や学習塾の授業、スポーツクラブでは学ぶことができない大切なことがあります。小田原寺子屋スクールでは、様々な世界で活躍されている先生方からその大切なこととは?について教えていただきます。また、先生方がみなさんと同じ年の頃にどんなことを考え、なぜその道に進もうと思ったのか、どんなことを実行されてきたのかなど、貴重なお話を聴くことができます。
 これまでに、新聞記者、オリンピックの金メダリスト、宇宙の超新星を研究する博士、作家、女優、アナウンサー、画家、実業家、・・・と、多くの先生方に授業をしていただいています。みなさんも月に一度、小田原寺子屋スクールで一緒に学びませんか。
◆受講料:無料

お申込みはこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf0rRHeW7uUGu-LG3sj2FBRaQghJ-WT55wMyTHDWqXEUyqFKA/viewform
上記にアクセスできない場合は、氏名(フリガナ)、学年、住所、保護者氏名、連絡先(電話番号)を記載の上、下記メールアドレスへお送りください。
info@terakoya-odawara.com
問い合わせ先 070-3525-1058 寺子屋スクール事務局(川口)


第九期(平成30年4月~平成31年3月)講義予定

◆第1時限 10:00~10:45
 元朝日新聞天声人語コラムニストの栗田亘先生に漢文や物語を解説して頂き、先人の教えを学びます。
◆第2時限 11:00~12:00
 各界で活躍されている先生方に「私の仕事・生き方・みなさんへの期待」などをお話し頂きます。
《平成30年》
 4月 8日 窪田哲夫先生  恵那市佐藤一斎「言志四録」普及特命大使・前拓殖大学客員教授
        「西郷どんが愛した言葉・佐藤一斎の言志四録(日本人の心)」
 5月13日 和田正宏先生  はじめ塾塾長
        「はじめ塾子どもの育ち」 3代85年の歴史を持つ寄宿生活塾の教え
 6月10日 北岡和義先生  ジャーナリスト・元日本大学教授 元読売新聞記者
        「アメリカ生活27年で学んだこと-多様な価値観を認める-」
 7月 1日 第4回小田原寺子屋スクール公開講座  テーマ 「国際政治と経済」
       13:00開場 13:30開演 小田原市生涯学習センターけやき(小田原市役所隣)
       宮崎緑先生   千葉商科大学国際教養学部長
        「世界を視る目、国際社会の動きの見方」
       河合忠彦先生  筑波大学名誉教授
        「ソニー・パナソニック・シャープは薄型テレビ・スマホでなぜサムスン・アップルに負けたのか」
 8月 下旬 大磯旧吉田茂邸見学
 9月 9日 田嶋享先生   ヤオマサ名誉会長
        「現代版の報徳思想で地域起こしを行う」
10月14日 石川寿一先生  経営コンサルタント・富士フイルムOB・南足柄寺子屋塾代表
        「49年間で巡った世界106か所訪問の旅」
11月11日 鬼頭宏先生   静岡県立大学学長
        「日本の人口問題を考える-人口から読む日本の歴史-」
12月16日 岡本彰夫先生  奈良県立大学客員教授・元春日大社権宮司
        「生まれ変わって来た子の話-勝五郎再生紀聞・お夏組成物語-」
《平成31年》
 1月13日 吉川伸治先生  神奈川県内広域水道企業団企業庁・元神奈川県副知事
        「飲水思源-神奈川の水道を考える-」
 2月10日 萩原一夫先生  認定NPO経営支援NPOクラブ理事・元物産キャピタル社長 ドイツ三井物産経理・財務担当
        「ドイツの戦後リーダーとドイツ現代史」
 3月10日 厚地純夫先生  JR東海専務執行役員
        「きっぷの話 新幹線からリニアへ」

2018年2月14日水曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年2月度の授業

平成30年2月11日(日)に2月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 栗田先生は、一月半ばに仕事で岩手県の陸前高田市を訪問されました。今月は、その時の光景から思い出された中国の詩、言葉について解説して頂きました。陸前高田市は2011年3月の東日本大震災で発生した大津波によって何もかもが流され、7年経った今も土地の造成や道路の建設が続いています。市内には、当時の被害を未来に残すため、いくつかの「震災遺構」があります。海岸沿いに約17万本あった松の中で唯一生き残った「奇跡の一本松」、「気仙中学校」の校舎や5階建ての「旧下宿定住促進住宅」を映像で紹介して頂きました。
 「桑田(そうでん)変じて海と成る」は、中国・唐の時代の詩人、劉希夷の詩「白頭を悲しむ翁に代わって」の一節で、世の中に存在するものは、どれもこれも、いつの間にか衰えていくという意味です。「愚公(ぐこう)山を移す」は、中国の古典『列子』に出てくるエピソードです。昔、黄河の下流の岸辺に二つの高い山があり、その北側のふもとに愚公という老人が住んでいました。その山は人々の通行の妨げになっていたので、愚公は家族全員で山を崩して平らにすることにし、いつ完成するか分からない仕事にこつこつと取り組みました。神様は愚公の努力に感心して二つの山を他の場所に移した、ということです。愚公の「愚」は愚直という意味、「公」は親しみを持つ呼び名であること学びました。

【第二時限】向江隆文先生(元NHK沖縄放送局長)

 向江先生は、2012年から2015年にNHK沖縄放送局長を務められ、現在はNHKグローバルメディアサービスでご活躍中です。授業では、先生が沖縄で撮影された多くの写真を交えながら、沖縄の歴史、3つの悲劇とタイトルにある沖縄のことば、”ぬちどうたから”や”ちむぐくる”について解説して頂きました。
 沖縄の歴史は、1429年に成立した琉球王国の時代に遡ります。当時は中国との交流が盛んで、明の皇帝に朝貢し、琉球王国の国王として認めてもらいました。これを「冊封(さっぽう)」と言います。首里城祭では毎年、冊封の儀式が再現されています。東アジアの中継貿易で栄えた15世紀の大交易時代を経て、1609年、沖縄に最初の悲劇が訪れます。薩摩藩による侵攻です。これ以降、琉球王国は薩摩藩の支配を受けることになります。1879年には、第二の悲劇、琉球処分が明治政府によって行われ、琉球王国は滅亡、沖縄県が設置されました。そして、第三の悲劇1945年の沖縄戦で約20万人が犠牲になりました。当時の沖縄の人々の悲痛な叫びは「根こそぎ動員」「鉄の暴風」「一家全滅」「集団自決」といった言葉に表われています。1952年、日本は主権を回復しましたが、沖縄は1972年に返還されるまでの27年間、米国の施政下に置かれ、今も米軍機の事故や米軍人や軍属による事件、基地の移設問題など様々な問題を抱えています。
 ”ぬちどうたから”は命を大切に、”ちむぐくる”は家族や地域をはじめヨコのつながりを大切にする沖縄の人の温かいこころ、気持ちを意味する言葉で、沖縄の歴史と深い関係があることを教えて頂きました。

 次回、3月度の授業は、3月11日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は伏見勝先生(元報知新聞社長)をお招きします。伏見先生の講義タイトルは「強い大人になるーそのための読書・・・ー」です。

2018年1月30日火曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年1月度の授業

平成30年1月14日(日)に1月度の授業を行いました。

 1月初、発足当初から小田原寺子屋スクールを支えて来られた岩堀道夫さんがお亡くなりになり、授業のはじめに皆で黙とうを捧げました。心よりご冥福をお祈りいたします。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は「ともだち」に関することばを学びました。「知己(ちき)」は、自分の気持ちや考えをよく理解してくれる人、親友です。「知音(ちいん)」は、心の底を打ち明けて話すことのできる友、心の通じ合った親友、無二の友のことで、中国の古典『列記』に記された、伯牙(はくが)と呼ばれる琴の名人とその友人の鐘子期(しょうしき)のエピソードがもとになっています。鐘子期は、伯牙が奏でる琴の音を巧みに聞き分けることができたそうです。「竹馬(ちくば)の友」は、幼いとき一緒に竹馬遊びをした友だち、おさなともだちのことです。劇作家の久保田万太郎は、おさなともだちのことを懐かしく思い、「竹馬やいろはにほへとちりぢりに」という俳句を詠んだことや、『論語』には「朋あり遠方より来たる、亦た楽しからずや」という孔子のことばがあることも教えていただきました。
 友人との別れの光景を詠った「酒を勧む」は、9世紀の詩人、于武陵(うぶりょう)の詩で、日本の井伏鱒二によって「コノサカヅキヲ受ケテクレ ドウゾナミナミツガシテオクレ ハナニアラシノタトヘモアルゾ 「サヨナラ」ダケガ人生ダ」と訳されています。

※先月の授業で学んだ「曲阜(きょくふ)」の「阜」という文字について
 もとは、天に昇るはしごを示す象形文字で、高いところ、丘という意味があります。

【第二時限】柴田秋雄先生(元JR連合事務局長)

 柴田先生は、国鉄(現JR)に入社され、1992年から日本鉄道労働組合連合会(JR連合)の事務局長、2000年から2010年までホテルアソシア名古屋ターミナルホテルの総支配人を務められました。授業では「日本一幸せな従業員をつくる!」と題して、ホテルの総支配人をされていたときのことを話して頂きました。これまで数万人を対象に全国約200か所で講演され、今は思うように声が出ず不自由されていますが、精力的に活動を続けられています。
 ホテルの売上が減少していた2000年当時、柴田先生は従業員が毎日喜んで働けるホテルを目指し、新たな設備ではなく「人」に投資することを決断され、人を大切にする新しい社是を定め、従業員の共通の認識としました。同年9月に名古屋を集中豪雨が襲った時には、鉄道が止まり、駅で帰宅できず立ち往生していた人々のためにホテルを開放し、従業員の心温まるもてなしが話題となりました。その後、ホテルは黒字に転換、2003年の年間稼働率は名古屋市内で1位となったそうです。2010年にホテルがなくなるまで、自分の仕事は従業員を幸せにすることという信念のもと、従業員ひとりひとりを大切にし、上司が部下の心の支えとなることに力を注がれたそうです。
 生徒からの質問に対し、自分のことよりも相手を大切にするのが「人」である、とおっしゃっていました。

 次回、2月度の授業は、2月11日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は向江隆文先生(元NHK沖縄放送局長)をお招きします。向江先生の講義タイトルは「沖縄の歴史から”ぬちどうたから”(命が宝)と”ちむくぐる”(肝心)」です。

2017年12月22日金曜日

小田原寺子屋スクール 平成29年12月度の授業

平成29年12月17日(日)に12月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、孔子の一生についてさらに理解を深め、『論語』の中から新たに3つの文章を学びました。孔子は魯の国の曲阜(きょくふ)という街に生まれました。母は宗教者で、当時の宗教者は「儒」と呼ばれていました。孔子がのちに完成した儒教の「儒」という字は、母の一族の一字を取ったと考えられています。30歳のころには、優れた学者として認められ、弟子も増えてそのお礼で生活できるようになりました。孔子先生の授業内容は「詩・書・礼・楽」が中心で「詩」は現代の詩と同じ、「書」は歴史の記録、「礼」は儀式の作法、「楽」は音楽です。『詩経』はその頃読まれていた詩を集めた書物、歴史の記録はのちに集められて『書経』という書物になりました。また、孔子には音楽の才能もあったそうです。
 最後に、今月学んだ『論語』の文章の中から、栗田先生がとても重要です、とおっしゃっていた一つを紹介します。

 子曰く、学んで思わざれば則ち罔(くら)し。思うて学ばざれば則ち殆(あやう)し。

「先生は言われた。書物や先生から学ぶだけで自分で考えないと、混乱するばかりだ。考えるだけで自分で学ばないと、不安定だ。」という意味です。

【第二時限】朝比奈豊先生(毎日新聞社会長)

 朝比奈先生は1971年に毎日新聞社に入社され、以来、記者、経営者として活躍されてきました。授業では「東日本大震災と高校野球」と題して、2011年に春の選抜高校野球大会会長を務められたときのことを話して頂きました。大会開幕を12日後に控えた同年3月11日、東日本大震災が発生し、先生は大会を開催すべきか否かの大きな決断を迫られることになります。今年は大会を中止すべきとの電話やメールが殺到する中、甲子園を夢見て練習してきた選手たちにとっては一生に一度のチャンスになるかもしれないと、とても悩まれたそうです。出場校が甲子園入りする中、被災された地元の人たちのためにボランティア活動を続けていた宮城県の東北高校の選手たちのことを聞き、開幕5日前に招集された臨時の特別理事会では全員意見を出し合って議論を尽くし、ついに開催を決断されました。
 3月23日の開会式で岡山・創志学園高校の野山主将が行った選手宣誓は、選手自身が考えた言葉だったそうです。「宣誓。私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生まれました。今、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。被災地では、全ての方々が一丸となり、仲間とともに頑張っておられます。人は仲間に支えられることで、大きな困難を乗り越えることができると信じています。私たちに今できること。それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。がんばろう!日本。生かされている命に感謝し、全身全霊で、正々堂々とプレーすることを誓います。」
 優勝した東海大相模高校の佐藤主将は、決勝戦の後、「開催してくれた高野連の方々、開催を許してくれた被災地の方々に感謝の気持ちを持って...」と語りました。
 最後に大会歌「今ありて」を聴かせて頂き、数々のエピソードとともに感動を伝えて頂きました。

 次回、平成30年1月度の授業は、1月14日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は柴田秋雄先生(元JR連合事務局長)をお招きします。柴田先生の講義タイトルは「より幸せな従業員をつくる」です。

2017年11月14日火曜日

小田原寺子屋スクール 平成29年11月度の授業

平成29年11月12日(日)に11月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、詩に関係する古代中国の言葉を二つ学びました。一つ目は「他山の石」です。
 ◆他山の石、以って玉を攻(みが)くべし   『詩経』から
は、「ほかの人の行いを参考にして、自分を反省し、向上に努めなさい。」という意味です。もともとの意味は「他国で産出した質の悪い石であっても、砥石として使えば、自分の持っている宝玉を磨くことができる。」です。「あなたを他山の石として努力します」という人がいますが、これは大変な間違いで「他山の石」とは真似してはいけない手本のことです。
 二つ目は「守株(しゅしゅ)」です。
 ◆株を守って兎を待つ  『韓非子』から
は、「いつまでも古い習慣を守るばかりで進歩がないこと。」という意味です。ある男が畑を耕していたとき、ウサギが飛び出してきて、畑の中の株にぶつかって死んでしまいました。男はウサギを料理して楽しみ、それからは畑仕事をやめて、またウサギを手に入れようと毎日株を見張っていました。しかし、ウサギはそれきりで、男はみんなの笑いものになった、というたとえ話からこの言葉が生まれました。北原白秋の詩を山田耕筰が作曲した「待ちぼうけ」は、「守株」をそのまま借りた歌であることを教えて頂きました。「待ちぼうけ」は、もともとの意味と違って「怠けるな、せっせと働け」という意味です。
 このように、古代中国の詩や言葉が、生まれた当時と異なる意味を持ち、今の日本で使われていることを学びました。

【第二時限目】田中和雄先生(出版社童話屋代表)

 田中先生は、1977年、渋谷に童話屋書店を開き、1980年には本の出版を始められました。現在、童話屋の代表を務められるとともに、ボランティアで日本全国の学校をまわり、国語の授業で子供たちに詩を教えられています。
 子供の頃から本が大好きで、大人になったら本屋になりたかったそうです。戦後の神田で、みかん箱の上に本が並べられた古本屋に通い、「ファーブル昆虫記」や「イワンのバカ」など、岩波文庫の本を夢中で読まれたそうです。40代になって広告会社を辞め、本屋の夢を叶えられました。谷川俊太郎さんと店の中で始められた朗読の集い、安野光雅さんと「魔法使いのABC」を初めて出版されたこと、工藤直子さんとの交流から生まれた「のはらうた」など、本を通して多くの人と出会い、色々な仕事を経験されてきました。また、1978年、イトーヨーカドーの中に初めてオープンした「子ども図書館」は、田中先生のアイデアから生まれ、2009年の閉館に至るまで、31年間で延べ16館できました。
 授業の最後に、童話は「真実のお話」であるというトルストイの言葉通り、これからも本当のことを語り続けていきたい、とおっしゃっていました。


 次回、平成29年12月度の授業は、12月17日(日)(於:風間ビル)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は朝比奈豊先生(毎日新聞会長)をお招きします。朝比奈先生の講義タイトルは、「新聞論」です。