2017年11月14日火曜日

小田原寺子屋スクール 平成29年11月度の授業

平成29年11月12日(日)に11月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、詩に関係する古代中国の言葉を二つ学びました。一つ目は「他山の石」です。
 ◆他山の石、以って玉を攻(みが)くべし   『詩経』から
は、「ほかの人の行いを参考にして、自分を反省し、向上に努めなさい。」という意味です。もともとの意味は「他国で産出した質の悪い石であっても、砥石として使えば、自分の持っている宝玉を磨くことができる。」です。「あなたを他山の石として努力します」という人がいますが、これは大変な間違いで「他山の石」とは真似してはいけない手本のことです。
 二つ目は「守株(しゅしゅ)」です。
 ◆株を守って兎を待つ  『韓非子』から
は、「いつまでも古い習慣を守るばかりで進歩がないこと。」という意味です。ある男が畑を耕していたとき、ウサギが飛び出してきて、畑の中の株にぶつかって死んでしまいました。男はウサギを料理して楽しみ、それからは畑仕事をやめて、またウサギを手に入れようと毎日株を見張っていました。しかし、ウサギはそれきりで、男はみんなの笑いものになった、というたとえ話からこの言葉が生まれました。北原白秋の詩を山田耕筰が作曲した「待ちぼうけ」は、「守株」をそのまま借りた歌であることを教えて頂きました。「待ちぼうけ」は、もともとの意味と違って「怠けるな、せっせと働け」という意味です。
 このように、古代中国の詩や言葉が、生まれた当時と異なる意味を持ち、今の日本で使われていることを学びました。

【第二時限目】田中和雄先生(出版社童話屋代表)

 田中先生は、1977年、渋谷に童話屋書店を開き、1980年には本の出版を始められました。現在、童話屋の代表を務められるとともに、ボランティアで日本全国の学校をまわり、国語の授業で子供たちに詩を教えられています。
 子供の頃から本が大好きで、大人になったら本屋になりたかったそうです。戦後の神田で、みかん箱の上に本が並べられた古本屋に通い、「ファーブル昆虫記」や「イワンのバカ」など、岩波文庫の本を夢中で読まれたそうです。40代になって広告会社を辞め、本屋の夢を叶えられました。谷川俊太郎さんと店の中で始められた朗読の集い、安野光雅さんと「魔法使いのABC」を初めて出版されたこと、工藤直子さんとの交流から生まれた「のはらうた」など、本を通して多くの人と出会い、色々な仕事を経験されてきました。また、1978年、イトーヨーカドーの中に初めてオープンした「子ども図書館」は、田中先生のアイデアから生まれ、2009年の閉館に至るまで、31年間で延べ16館できました。
 授業の最後に、童話は「真実のお話」であるというトルストイの言葉通り、これからも本当のことを語り続けていきたい、とおっしゃっていました。


 次回、平成29年12月度の授業は、12月17日(日)(於:風間ビル)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は朝比奈豊先生(毎日新聞会長)をお招きします。朝比奈先生の講義タイトルは、「新聞論」です。

2017年10月14日土曜日

小田原寺子屋スクール 平成29年10月度の授業

平成29年10月9日(月)に10月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、中国の古い時代の詩「漢詩」について学びました。漢詩は、一つの行が四つ、五つまたは七つの言葉で組み立てられることが多く、一、二、四行の終わりには同じ響きの音を繰り返す「脚韻」というルールがあります。授業では、唐の時代の代表的な詩人、李白、杜甫、孟浩然が詠んだ詩を一つずつ学び、脚韻の具体例とともに漢詩を優れた日本語に訳した小説家、井伏鱒二の作品について解説して頂きました。
 ◆「静夜思」 牀前看月光 疑是地上霜 挙頭望山月 低頭思故郷
は李白の詩で、光(kou)、霜(sou)、郷(kyou)が脚韻です。この詩を井伏鱒二は「ねま(寝間)のうちからふと気がつけば 霜かとおもう(思う)いい月あかり のきば(軒端)の月をみる(見る)につけ ざいしょ(在所)のことが気にかかる」と訳しています。寝間は寝室、在所はいなか(ふるさと)を意味します。さらに、杜甫の詩「復愁」、孟浩然の詩「春暁」についても、井伏鱒二の訳があることを学び、その作品を鑑賞しました。
 ◆「復愁」 万国尚戎馬 故園今若何 昔帰相識少 早已戦場多
 ◆「春暁」 春眠不覚暁 処処聞啼鳥 夜来風雨声 花落知多少

【第二時限】露木伸宏先生(国土交通政策研究所長、元海上保安庁総務部参事官)

 露木先生は、大学卒業後に運輸省(現在の国土交通省)に入省され、海上保安庁をはじめ国内や海外でご活躍されてきました。今回「わが国の海 知る、守る、広げる」と題し、同庁の仕事について教えて頂きました。「海を知る」では、海上保安庁の担当する海域が、海岸(基線)から12海里(約22km)までの領海と、200海里(約370km)までの排他的経済水域を合わせた約447万km2(日本の領土面積の約12倍)と広大であることを学びました。「海を守る」仕事は、尖閣諸島周辺の領海に侵入する中国船に対し巡視船艇や航空機で行う警告や退去要求、海上犯罪の取締り、海難救助、海洋環境保全、東日本大震災での被災者救出や物資輸送、港湾の復旧など、多岐にわたることを知りました。「海を広げる」では、排他的経済水域の外に広がる延長大陸棚と海底の天然資源開発や探査、小笠原諸島の西之島噴火を例に拡大する海域、船の安全のため、また日本の海域であることを根拠づけるために重要かつ不可欠な海図作成の仕事について解説して頂きました。
 最後に、日頃から世の中で起きていることに興味を持ち、読書やニュースを通して知識を身に付け、世の中の仕組みやルールを理解することが大切です、というメッセージで授業を締めくくられました。


 次回、平成29年11月度の授業は、11月12日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は田中和雄先生(出版社童話屋代表)をお招きします。田中先生の講義タイトルは、「子どものころから本屋になりたかった」です。

2017年9月30日土曜日

小田原寺子屋スクール 平成29年9月度の授業

平成29年9月10日(日)に9月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、孔子について理解を深め、『論語』の中から孔子の一生と関連のある言葉を2つ学びました。孔子は紀元前550年に魯の国に生まれ、73歳で亡くなりました。孔子という呼び名は「孔先生」という意味で、姓は「孔」、名前は「丘」と言います。孔子の父は農民、母の一族は祈りや占いをする宗教者で、幼い頃、母の一族と暮らしたときに読み書きを学んだと思われ、「吾、少き(わかき)とき賤し(いやし)、故に鄙事(ひじ)に多能なり」という『論語』の一節は、少年時代、貧しかった孔子が生活のためにはどんな仕事でもしたので、いまでも多くのことができる、という意味です。
 また、「子曰、吾十有五而志于学。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳従。七十従心所欲、不踰矩。」は、孔子が70歳を迎えた頃の言葉で、その意味と孔子が歩んできた一生について詳しく解説していただきました。なお、日本で70歳を表す言葉として一般に用いられる「古稀」は、唐代の大詩人、杜甫の一節「人生七十古来稀なり」が原典ということも学びました。

【第二時限】小松由佳先生(フォトグラファー)

 小松先生は、今年6月の公開講座で「K2への登頂」と題して、ご講演を頂きました。現在フォトグラファーとしてご活躍中です。授業では、シリア人でご主人のレドワンさんと共に、シリアの今と難民について、スライドや写真を交えながら解説して頂きました。シリアは今から40年程前にアサド大統領によって支配され、独裁政治の下、失業率が増加、市民の不満が高まっていきました。2011年に多くの市民が人権と自由を求めて立ち上がり、民主化運動へと発展しました。アサド政権は軍隊や警察の武力によって人々を制圧しようとし、武装した市民との間で内戦が勃発、内戦は今も続いています。
 内戦前のシリアはとても美しく、人々は家族や友人と過ごす憩いの時間(アラビア語でラーハ)を大切に暮らしていたそうです。ところが、内戦によって家族や友人、家を失い、難民として国外へ逃げなければならなくなりました。現在、難民は550万人にのぼり、約200万人の子供たちが教育を受けられずにいます。現在のシリアの人々、そして小松先生とご主人の願いは、何よりも内戦の終結であり、また難民への多くの支援が求められていることを教えて頂きました。


 次回、平成29年10月度の授業は、10月9日(月)(体育の日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は露木伸宏先生(運輸施設整備支援機構理事)をお招きします。露木先生の講義タイトルは「わが国の海 知る 守る 広げる」(注目を浴びる海上保安庁の話)です。

2017年8月29日火曜日

小田原寺子屋スクール 平成29年8月度の授業

 平成29年8月27日(日)、小田原市栢山にある尊徳記念館を訪れ、解説員の小林輝夫先生から二宮金次郎について多くのことを教えて頂きました。
 午前の部では、講義の後、アニメ「二宮金次郎」を見たり、記念館の展示室や隣接する生家を見学しながら、金次郎の教えや一生について学びました。午後の部では、酒匂川や尊徳記念館周辺の遺跡を約1時間半かけてめぐり、自然と触れ合いながら、地理や歴史、金次郎にまつわるエピソードなど、様々な角度から幅広く解説して頂きました。


 次回、平成29年9月度の授業は、9月10日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は小松由佳先生(フォトグラファー)をお招きします。小松先生の講義タイトルは、「難民として今を生きる-ふるさとを失ったシリア難民-」です。

2017年7月21日金曜日

小田原寺子屋スクール 平成29年8月度の予定

8月度は「二宮尊徳遺跡めぐり」です。 ※本應寺での授業はありませんのでご注意ください。
1 実施日 平成29年8月27日(日)10:00~14:30 小雨天決行 
2 集合解散場所 小田原市尊徳記念館(10:00までに集合)
3 見学場所・日程

4 講師 尊徳記念館解説員 小林輝夫先生
5 参加料 無料
6 持ち物 ◇弁当(近くにコンビニもあります)◇飲み物 ◇筆記道具 
7 募集締切 8月21日(月)までにFAXにて
8 申込方法 氏名、学年、住所、連絡先、保護者氏名、保護者参加の有無 を明記の上
       箱根板橋 本應寺へFAX:0465-27-1050
9 その他
  ◇全行程徒歩です。歩きやすい靴をご用意ください。
  ◇熱中症対策のため、飲み物をご用意ください。帽子も忘れずに。
  ◇荒天等で中止する場合は、当日午前7時頃までに参加者に連絡します。
  ◇申し込まれた方で、欠席の方は必ずご連絡ください。
   小田原寺子屋スクール事務局 携帯電話:070-3525-1058(川口)


2017年7月19日水曜日

小田原寺子屋スクール 平成29年7月度の授業

平成29年7月9日(日)に7月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は「春秋に富む」という言葉を学びました。この言葉は中国の大歴史家、司馬遷が書いた『史記』が出典で、年が若く将来があるというプラスの意味です。ただし、もともとは、年が若く経験が乏しいというマイナスの意味で使われていました。漢の時代に劉邦と呂后の間に生まれた惠帝という幼い皇帝を指して使われた言葉であること、呂后という女性はとても残忍で、中国三大悪女の一人と言われていることを学びました。
 若い人を指す「春秋に富む」に関連して、自分の年を3で割った数字が人生の時間であるという年齢の計算式や「不惑」という言葉について教えて頂きました。例えば、20歳は20÷3=6と3分の2で、午前6時40分にあたり、朝を迎えてエネルギーが満ち満ちている時刻。40歳は40÷3=13と3分の1で、午後1時20分。会社員ならお昼を過ぎてもうひと仕事といった頃合いです。「不惑」は現在でもよく使われ、『論語』では、40歳を「不惑」つまり、もう迷わない年齢としています。

【第二時限】鈴木洋嗣先生(ノンフィクション編集局、編集総務局担当 執行役員)

 鈴木先生は週刊文春編集長、月刊文芸春秋編集長を経験されました。決まりきった仕事ではなく、どこでも出かけて行き、取材できる仕事をしたいと考え、出版社の文芸春秋社に入社されました。入社早々にエジプトへ一週間、帰国してすぐに北海道へ取材で飛んだこともあったそうです。
 授業では「週刊文春」ができるまでの過程と編集部の仕事について教えて頂きました。毎週木曜日に発売される「週刊文春」の記者の仕事は、前週の木曜日ネタ出しの会議に始まります。金、土曜日で取材、日曜日にはタイトルを決め、月曜日に取材のまとめ、月曜の夜から火曜日の朝まで徹夜で原稿を書き上げます。原稿は火曜日にデスク、編集長がチェックし、夜に締め切られ、水曜日中に印刷、製本されて店頭へと配送されます。
 スクープはリークから、人は信用した人にしゃべる、記者にとって大切なことは信用してもらうこと、記者は読者の代理人、読者目線で聞きたいことを聞きに行くことが仕事、リスクを恐れず最後まで取材を尽くすことなど、私たちが日常知ることのできない貴重なお話を伺うことができました。

2017年7月11日火曜日

小田原寺子屋スクール 特別公開講座

 平成29年6月25日(日)、小田原市生涯学習センターけやきにて、今年で第三回目となる特別公開講座を開催いたしました。昨年と同様、小田原市生涯学習推進員の会のご協力のもと小田原市教育委員会との共催で行いました。石塚理事長の挨拶に続いて、下記の3名の先生方にご講演をいただきました。
(1)栗田 亘 先生(元朝日新聞天声人語コラムニスト) 国語辞典を引く、国語辞典を読む
(2)森 武生 先生(都立駒込病院名誉院長) どうして医者になったの?
                       -世界に冠たる外科医になる、初心を貫いた医師のお話-
(3)小松 由佳 先生(フォトグラファー) K2への登頂-情熱が可能性を生み出す-
当日は、昨年度の二倍近い251名の参加があり、大変盛況でした。小田原市内外、遠方からも多くの方にご参加いただきました。ありがとうございました。