2018年2月14日水曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年2月度の授業

平成30年2月11日(日)に2月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 栗田先生は、一月半ばに仕事で岩手県の陸前高田市を訪問されました。今月は、その時の光景から思い出された中国の詩、言葉について解説して頂きました。陸前高田市は2011年3月の東日本大震災で発生した大津波によって何もかもが流され、7年経った今も土地の造成や道路の建設が続いています。市内には、当時の被害を未来に残すため、いくつかの「震災遺構」があります。海岸沿いに約17万本あった松の中で唯一生き残った「奇跡の一本松」、「気仙中学校」の校舎や5階建ての「旧下宿定住促進住宅」を映像で紹介して頂きました。
 「桑田(そうでん)変じて海と成る」は、中国・唐の時代の詩人、劉希夷の詩「白頭を悲しむ翁に代わって」の一節で、世の中に存在するものは、どれもこれも、いつの間にか衰えていくという意味です。「愚公(ぐこう)山を移す」は、中国の古典『列子』に出てくるエピソードです。昔、黄河の下流の岸辺に二つの高い山があり、その北側のふもとに愚公という老人が住んでいました。その山は人々の通行の妨げになっていたので、愚公は家族全員で山を崩して平らにすることにし、いつ完成するか分からない仕事にこつこつと取り組みました。神様は愚公の努力に感心して二つの山を他の場所に移した、ということです。愚公の「愚」は愚直という意味、「公」は親しみを持つ呼び名であること学びました。

【第二時限】向江隆文先生(元NHK沖縄放送局長)

 向江先生は、2012年から2015年にNHK沖縄放送局長を務められ、現在はNHKグローバルメディアサービスでご活躍中です。授業では、先生が沖縄で撮影された多くの写真を交えながら、沖縄の歴史、3つの悲劇とタイトルにある沖縄のことば、”ぬちどうたから”や”ちむぐくる”について解説して頂きました。
 沖縄の歴史は、1429年に成立した琉球王国の時代に遡ります。当時は中国との交流が盛んで、明の皇帝に朝貢し、琉球王国の国王として認めてもらいました。これを「冊封(さっぽう)」と言います。首里城祭では毎年、冊封の儀式が再現されています。東アジアの中継貿易で栄えた15世紀の大交易時代を経て、1609年、沖縄に最初の悲劇が訪れます。薩摩藩による侵攻です。これ以降、琉球王国は薩摩藩の支配を受けることになります。1879年には、第二の悲劇、琉球処分が明治政府によって行われ、琉球王国は滅亡、沖縄県が設置されました。そして、第三の悲劇1945年の沖縄戦で約20万人が犠牲になりました。当時の沖縄の人々の悲痛な叫びは「根こそぎ動員」「鉄の暴風」「一家全滅」「集団自決」といった言葉に表われています。1952年、日本は主権を回復しましたが、沖縄は1972年に返還されるまでの27年間、米国の施政下に置かれ、今も米軍機の事故や米軍人や軍属による事件、基地の移設問題など様々な問題を抱えています。
 ”ぬちどうたから”は命を大切に、”ちむぐくる”は家族や地域をはじめヨコのつながりを大切にする沖縄の人の温かいこころ、気持ちを意味する言葉で、沖縄の歴史と深い関係があることを教えて頂きました。

 次回、3月度の授業は、3月11日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は伏見勝先生(元報知新聞社長)をお招きします。伏見先生の講義タイトルは「強い大人になるーそのための読書・・・ー」です。

2018年1月30日火曜日

小田原寺子屋スクール 平成30年1月度の授業

平成30年1月14日(日)に1月度の授業を行いました。

 1月初、発足当初から小田原寺子屋スクールを支えて来られた岩堀道夫さんがお亡くなりになり、授業のはじめに皆で黙とうを捧げました。心よりご冥福をお祈りいたします。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は「ともだち」に関することばを学びました。「知己(ちき)」は、自分の気持ちや考えをよく理解してくれる人、親友です。「知音(ちいん)」は、心の底を打ち明けて話すことのできる友、心の通じ合った親友、無二の友のことで、中国の古典『列記』に記された、伯牙(はくが)と呼ばれる琴の名人とその友人の鐘子期(しょうしき)のエピソードがもとになっています。鐘子期は、伯牙が奏でる琴の音を巧みに聞き分けることができたそうです。「竹馬(ちくば)の友」は、幼いとき一緒に竹馬遊びをした友だち、おさなともだちのことです。劇作家の久保田万太郎は、おさなともだちのことを懐かしく思い、「竹馬やいろはにほへとちりぢりに」という俳句を詠んだことや、『論語』には「朋あり遠方より来たる、亦た楽しからずや」という孔子のことばがあることも教えていただきました。
 友人との別れの光景を詠った「酒を勧む」は、9世紀の詩人、于武陵(うぶりょう)の詩で、日本の井伏鱒二によって「コノサカヅキヲ受ケテクレ ドウゾナミナミツガシテオクレ ハナニアラシノタトヘモアルゾ 「サヨナラ」ダケガ人生ダ」と訳されています。

※先月の授業で学んだ「曲阜(きょくふ)」の「阜」という文字について
 もとは、天に昇るはしごを示す象形文字で、高いところ、丘という意味があります。

【第二時限】柴田秋雄先生(元JR連合事務局長)

 柴田先生は、国鉄(現JR)に入社され、1992年から日本鉄道労働組合連合会(JR連合)の事務局長、2000年から2010年までホテルアソシア名古屋ターミナルホテルの総支配人を務められました。授業では「日本一幸せな従業員をつくる!」と題して、ホテルの総支配人をされていたときのことを話して頂きました。これまで数万人を対象に全国約200か所で講演され、今は思うように声が出ず不自由されていますが、精力的に活動を続けられています。
 ホテルの売上が減少していた2000年当時、柴田先生は従業員が毎日喜んで働けるホテルを目指し、新たな設備ではなく「人」に投資することを決断され、人を大切にする新しい社是を定め、従業員の共通の認識としました。同年9月に名古屋を集中豪雨が襲った時には、鉄道が止まり、駅で帰宅できず立ち往生していた人々のためにホテルを開放し、従業員の心温まるもてなしが話題となりました。その後、ホテルは黒字に転換、2003年の年間稼働率は名古屋市内で1位となったそうです。2010年にホテルがなくなるまで、自分の仕事は従業員を幸せにすることという信念のもと、従業員ひとりひとりを大切にし、上司が部下の心の支えとなることに力を注がれたそうです。
 生徒からの質問に対し、自分のことよりも相手を大切にするのが「人」である、とおっしゃっていました。

 次回、2月度の授業は、2月11日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は向江隆文先生(元NHK沖縄放送局長)をお招きします。向江先生の講義タイトルは「沖縄の歴史から”ぬちどうたから”(命が宝)と”ちむくぐる”(肝心)」です。

2017年12月22日金曜日

小田原寺子屋スクール 平成29年12月度の授業

平成29年12月17日(日)に12月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、孔子の一生についてさらに理解を深め、『論語』の中から新たに3つの文章を学びました。孔子は魯の国の曲阜(きょくふ)という街に生まれました。母は宗教者で、当時の宗教者は「儒」と呼ばれていました。孔子がのちに完成した儒教の「儒」という字は、母の一族の一字を取ったと考えられています。30歳のころには、優れた学者として認められ、弟子も増えてそのお礼で生活できるようになりました。孔子先生の授業内容は「詩・書・礼・楽」が中心で「詩」は現代の詩と同じ、「書」は歴史の記録、「礼」は儀式の作法、「楽」は音楽です。『詩経』はその頃読まれていた詩を集めた書物、歴史の記録はのちに集められて『書経』という書物になりました。また、孔子には音楽の才能もあったそうです。
 最後に、今月学んだ『論語』の文章の中から、栗田先生がとても重要です、とおっしゃっていた一つを紹介します。

 子曰く、学んで思わざれば則ち罔(くら)し。思うて学ばざれば則ち殆(あやう)し。

「先生は言われた。書物や先生から学ぶだけで自分で考えないと、混乱するばかりだ。考えるだけで自分で学ばないと、不安定だ。」という意味です。

【第二時限】朝比奈豊先生(毎日新聞社会長)

 朝比奈先生は1971年に毎日新聞社に入社され、以来、記者、経営者として活躍されてきました。授業では「東日本大震災と高校野球」と題して、2011年に春の選抜高校野球大会会長を務められたときのことを話して頂きました。大会開幕を12日後に控えた同年3月11日、東日本大震災が発生し、先生は大会を開催すべきか否かの大きな決断を迫られることになります。今年は大会を中止すべきとの電話やメールが殺到する中、甲子園を夢見て練習してきた選手たちにとっては一生に一度のチャンスになるかもしれないと、とても悩まれたそうです。出場校が甲子園入りする中、被災された地元の人たちのためにボランティア活動を続けていた宮城県の東北高校の選手たちのことを聞き、開幕5日前に招集された臨時の特別理事会では全員意見を出し合って議論を尽くし、ついに開催を決断されました。
 3月23日の開会式で岡山・創志学園高校の野山主将が行った選手宣誓は、選手自身が考えた言葉だったそうです。「宣誓。私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生まれました。今、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。被災地では、全ての方々が一丸となり、仲間とともに頑張っておられます。人は仲間に支えられることで、大きな困難を乗り越えることができると信じています。私たちに今できること。それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。がんばろう!日本。生かされている命に感謝し、全身全霊で、正々堂々とプレーすることを誓います。」
 優勝した東海大相模高校の佐藤主将は、決勝戦の後、「開催してくれた高野連の方々、開催を許してくれた被災地の方々に感謝の気持ちを持って...」と語りました。
 最後に大会歌「今ありて」を聴かせて頂き、数々のエピソードとともに感動を伝えて頂きました。

 次回、平成30年1月度の授業は、1月14日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は柴田秋雄先生(元JR連合事務局長)をお招きします。柴田先生の講義タイトルは「より幸せな従業員をつくる」です。

2017年11月14日火曜日

小田原寺子屋スクール 平成29年11月度の授業

平成29年11月12日(日)に11月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、詩に関係する古代中国の言葉を二つ学びました。一つ目は「他山の石」です。
 ◆他山の石、以って玉を攻(みが)くべし   『詩経』から
は、「ほかの人の行いを参考にして、自分を反省し、向上に努めなさい。」という意味です。もともとの意味は「他国で産出した質の悪い石であっても、砥石として使えば、自分の持っている宝玉を磨くことができる。」です。「あなたを他山の石として努力します」という人がいますが、これは大変な間違いで「他山の石」とは真似してはいけない手本のことです。
 二つ目は「守株(しゅしゅ)」です。
 ◆株を守って兎を待つ  『韓非子』から
は、「いつまでも古い習慣を守るばかりで進歩がないこと。」という意味です。ある男が畑を耕していたとき、ウサギが飛び出してきて、畑の中の株にぶつかって死んでしまいました。男はウサギを料理して楽しみ、それからは畑仕事をやめて、またウサギを手に入れようと毎日株を見張っていました。しかし、ウサギはそれきりで、男はみんなの笑いものになった、というたとえ話からこの言葉が生まれました。北原白秋の詩を山田耕筰が作曲した「待ちぼうけ」は、「守株」をそのまま借りた歌であることを教えて頂きました。「待ちぼうけ」は、もともとの意味と違って「怠けるな、せっせと働け」という意味です。
 このように、古代中国の詩や言葉が、生まれた当時と異なる意味を持ち、今の日本で使われていることを学びました。

【第二時限目】田中和雄先生(出版社童話屋代表)

 田中先生は、1977年、渋谷に童話屋書店を開き、1980年には本の出版を始められました。現在、童話屋の代表を務められるとともに、ボランティアで日本全国の学校をまわり、国語の授業で子供たちに詩を教えられています。
 子供の頃から本が大好きで、大人になったら本屋になりたかったそうです。戦後の神田で、みかん箱の上に本が並べられた古本屋に通い、「ファーブル昆虫記」や「イワンのバカ」など、岩波文庫の本を夢中で読まれたそうです。40代になって広告会社を辞め、本屋の夢を叶えられました。谷川俊太郎さんと店の中で始められた朗読の集い、安野光雅さんと「魔法使いのABC」を初めて出版されたこと、工藤直子さんとの交流から生まれた「のはらうた」など、本を通して多くの人と出会い、色々な仕事を経験されてきました。また、1978年、イトーヨーカドーの中に初めてオープンした「子ども図書館」は、田中先生のアイデアから生まれ、2009年の閉館に至るまで、31年間で延べ16館できました。
 授業の最後に、童話は「真実のお話」であるというトルストイの言葉通り、これからも本当のことを語り続けていきたい、とおっしゃっていました。


 次回、平成29年12月度の授業は、12月17日(日)(於:風間ビル)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は朝比奈豊先生(毎日新聞会長)をお招きします。朝比奈先生の講義タイトルは、「新聞論」です。

2017年10月14日土曜日

小田原寺子屋スクール 平成29年10月度の授業

平成29年10月9日(月)に10月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、中国の古い時代の詩「漢詩」について学びました。漢詩は、一つの行が四つ、五つまたは七つの言葉で組み立てられることが多く、一、二、四行の終わりには同じ響きの音を繰り返す「脚韻」というルールがあります。授業では、唐の時代の代表的な詩人、李白、杜甫、孟浩然が詠んだ詩を一つずつ学び、脚韻の具体例とともに漢詩を優れた日本語に訳した小説家、井伏鱒二の作品について解説して頂きました。
 ◆「静夜思」 牀前看月光 疑是地上霜 挙頭望山月 低頭思故郷
は李白の詩で、光(kou)、霜(sou)、郷(kyou)が脚韻です。この詩を井伏鱒二は「ねま(寝間)のうちからふと気がつけば 霜かとおもう(思う)いい月あかり のきば(軒端)の月をみる(見る)につけ ざいしょ(在所)のことが気にかかる」と訳しています。寝間は寝室、在所はいなか(ふるさと)を意味します。さらに、杜甫の詩「復愁」、孟浩然の詩「春暁」についても、井伏鱒二の訳があることを学び、その作品を鑑賞しました。
 ◆「復愁」 万国尚戎馬 故園今若何 昔帰相識少 早已戦場多
 ◆「春暁」 春眠不覚暁 処処聞啼鳥 夜来風雨声 花落知多少

【第二時限】露木伸宏先生(国土交通政策研究所長、元海上保安庁総務部参事官)

 露木先生は、大学卒業後に運輸省(現在の国土交通省)に入省され、海上保安庁をはじめ国内や海外でご活躍されてきました。今回「わが国の海 知る、守る、広げる」と題し、同庁の仕事について教えて頂きました。「海を知る」では、海上保安庁の担当する海域が、海岸(基線)から12海里(約22km)までの領海と、200海里(約370km)までの排他的経済水域を合わせた約447万km2(日本の領土面積の約12倍)と広大であることを学びました。「海を守る」仕事は、尖閣諸島周辺の領海に侵入する中国船に対し巡視船艇や航空機で行う警告や退去要求、海上犯罪の取締り、海難救助、海洋環境保全、東日本大震災での被災者救出や物資輸送、港湾の復旧など、多岐にわたることを知りました。「海を広げる」では、排他的経済水域の外に広がる延長大陸棚と海底の天然資源開発や探査、小笠原諸島の西之島噴火を例に拡大する海域、船の安全のため、また日本の海域であることを根拠づけるために重要かつ不可欠な海図作成の仕事について解説して頂きました。
 最後に、日頃から世の中で起きていることに興味を持ち、読書やニュースを通して知識を身に付け、世の中の仕組みやルールを理解することが大切です、というメッセージで授業を締めくくられました。


 次回、平成29年11月度の授業は、11月12日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は田中和雄先生(出版社童話屋代表)をお招きします。田中先生の講義タイトルは、「子どものころから本屋になりたかった」です。

2017年9月30日土曜日

小田原寺子屋スクール 平成29年9月度の授業

平成29年9月10日(日)に9月度の授業を行いました。

【第一時限】栗田亘先生

 今月は、孔子について理解を深め、『論語』の中から孔子の一生と関連のある言葉を2つ学びました。孔子は紀元前550年に魯の国に生まれ、73歳で亡くなりました。孔子という呼び名は「孔先生」という意味で、姓は「孔」、名前は「丘」と言います。孔子の父は農民、母の一族は祈りや占いをする宗教者で、幼い頃、母の一族と暮らしたときに読み書きを学んだと思われ、「吾、少き(わかき)とき賤し(いやし)、故に鄙事(ひじ)に多能なり」という『論語』の一節は、少年時代、貧しかった孔子が生活のためにはどんな仕事でもしたので、いまでも多くのことができる、という意味です。
 また、「子曰、吾十有五而志于学。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳従。七十従心所欲、不踰矩。」は、孔子が70歳を迎えた頃の言葉で、その意味と孔子が歩んできた一生について詳しく解説していただきました。なお、日本で70歳を表す言葉として一般に用いられる「古稀」は、唐代の大詩人、杜甫の一節「人生七十古来稀なり」が原典ということも学びました。

【第二時限】小松由佳先生(フォトグラファー)

 小松先生は、今年6月の公開講座で「K2への登頂」と題して、ご講演を頂きました。現在フォトグラファーとしてご活躍中です。授業では、シリア人でご主人のレドワンさんと共に、シリアの今と難民について、スライドや写真を交えながら解説して頂きました。シリアは今から40年程前にアサド大統領によって支配され、独裁政治の下、失業率が増加、市民の不満が高まっていきました。2011年に多くの市民が人権と自由を求めて立ち上がり、民主化運動へと発展しました。アサド政権は軍隊や警察の武力によって人々を制圧しようとし、武装した市民との間で内戦が勃発、内戦は今も続いています。
 内戦前のシリアはとても美しく、人々は家族や友人と過ごす憩いの時間(アラビア語でラーハ)を大切に暮らしていたそうです。ところが、内戦によって家族や友人、家を失い、難民として国外へ逃げなければならなくなりました。現在、難民は550万人にのぼり、約200万人の子供たちが教育を受けられずにいます。現在のシリアの人々、そして小松先生とご主人の願いは、何よりも内戦の終結であり、また難民への多くの支援が求められていることを教えて頂きました。


 次回、平成29年10月度の授業は、10月9日(月)(体育の日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は露木伸宏先生(運輸施設整備支援機構理事)をお招きします。露木先生の講義タイトルは「わが国の海 知る 守る 広げる」(注目を浴びる海上保安庁の話)です。

2017年8月29日火曜日

小田原寺子屋スクール 平成29年8月度の授業

 平成29年8月27日(日)、小田原市栢山にある尊徳記念館を訪れ、解説員の小林輝夫先生から二宮金次郎について多くのことを教えて頂きました。
 午前の部では、講義の後、アニメ「二宮金次郎」を見たり、記念館の展示室や隣接する生家を見学しながら、金次郎の教えや一生について学びました。午後の部では、酒匂川や尊徳記念館周辺の遺跡を約1時間半かけてめぐり、自然と触れ合いながら、地理や歴史、金次郎にまつわるエピソードなど、様々な角度から幅広く解説して頂きました。


 次回、平成29年9月度の授業は、9月10日(日)を予定しています。第一時限は栗田亘先生、第二時限は小松由佳先生(フォトグラファー)をお招きします。小松先生の講義タイトルは、「難民として今を生きる-ふるさとを失ったシリア難民-」です。